2008年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

展示替え

2008年12月25日

 23日(火)の天皇誕生日に『ライオネル・ファイニンガー展』が終了しました。みなさま楽しんでいただけたでしょうか。
展覧会が終わると、休む間もなく次に始まる展覧会への準備が始まります。その展示替えでの1コマをご紹介しますっ。
まずは、展示していた作品を壁から下ろして輸送できるように箱へしまっていくのですが、そのまますぐ箱には入れずに、作品の状態を点検します。作品には、状態を記録するチェックシートがあり、展示期間中作品に何か問題はなかったどうかを1つ1つ点検していきます。

 thmnl_12.25.01.jpg

▲写真左の紙がチェックシート

▲点検中の学芸員。真剣な表情ですね。。。

 次に点検が終わったものから、梱包されていきクレートと呼ばれる作品輸送用の箱へ収納していきます。クレート内部は、スポンジが敷き詰められ、移動中の衝撃を作品が受けないように工夫がされています。さらに、クレートの箱はボルトでがっちり固定されているので何かの拍子に開くこともありません。大きいものとなると、ちょっとした部屋にもできそうなサイズのものもあります。

thmnl_12.25.03.jpg

▲真ん中の白いものが作品です。まわりをスポンジで固定しています。

thmnl_12.25.04.jpg

▲大・小様々なクレートたち 

 ファイニンガー展は、巡回展なのでこれらの作品は、次会場の宮城県美術館へ向かいます。

昨日、美術館を出発したのでもう着いているかもしれませんね。

◎さて、ここで間違い探しに挑戦してみましょう!

thmnl_12.25.05.jpg

写真A

thmnl_12.25.06.jpg

写真B

 

 たくさんあったかと思いますが、、、注目してほしいのは展示室の壁です。 
展示室の壁は、可動壁になっているので、展覧会ごとに壁の移動をして会場の雰囲気をがらりと変えることができます。移動をするのは、そんなに力を必要としないので2人ぐらいでできちゃいます。
現在は、写真Bのようになっていて、次回展覧会アンドリュー・ワイエス展仕様になっています。壁の移動が終わったら、会場のディスプレイをし、作品を搬入し、展示へと進んでいきます。その様子については、またいつかご紹介したいと思います。
どのような展示に仕上がるのか楽しみにしていてくださいっ

 さーって、まだまだ作業が残っているので、展示作業へ行ってまーす。
(RK)