2009年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

1月6日から始まる大ローマ展にあわせて、鑑賞ガイドを作成しました。ご協力いただいたのは、愛知県美術館の鑑賞学習ワーキンググループの中学・高校の有志の先生方です。お忙しいなか、10月から11月の土日にミーティングを幾度か行なって、準備してきました。お集まりいただいた先生方の専門教科が、美術のみならず、国語、歴史と多分野であったことから、ご専門を活かしたアイディアが内容に反映されました。
0011 打ち合わせの様子.jpg

↑打合せの様子


実際の展覧会を見ずに作成しなくてはならないため、本展カタログやローマ関係の資料を手がかりに構成を検討し、まず、古代ローマについて、来館者がどのようにイメージするのかという点から意見が交わされました。そうしたなか、中学校で使用する副読本の歴史年表には、ローマ帝国の滅亡の事項から始まるものがあるという指摘があり、中学生以上を対象のガイドとするには、まず古代ローマについてなにがしかイメージ出来るように、古代ローマ予備知識を載せようという方針が決まりました。

古代ローマ帝国の地図や年代史といった情報はもとより、国語の先生からのご提案で、ローマに関することわざ・格言も載せることになり、古代ローマの歴史的事件がよりリアルにドラマチックに感じられるようになりました。

さらに、こうした歴史的事件や状況を視覚的に印象づけるための挿絵も先生方が描きました。ここにご紹介するのは、紙面の都合上、残念ながら掲載できなかった挿絵です。

中学校の美術室に、古代ローマの胸像をモデルとする石膏像があるということからイメージされたものや、当館所蔵作品の古代ローマ人を描いた梅原龍三郎《若き羅馬人》など。古代ローマを中学生にどのように身近に感じてもらえるか、学校現場にいる先生方ならではのご発案によるものでした。

0022 皇帝ネロ.jpg

↑皇帝ネロ

0033 ローマ石膏像を写生する女子中学生.jpg

↑ローマ石膏像を写生する女子中学生

0044 愛知県美術館所蔵 梅原龍三郎《若き羅馬人》.jpg

↑愛知県美術館蔵 梅原龍三郎《若き羅馬人》

ご協力いただいた先生方、どうもありがとうございました。


大ローマ展は展示の準備も着々と進み、1月6日からいよいよ開会します。鑑賞ガイドを片手にどうぞ展覧会をお楽しみください。

(MF)



 

 本年度の目玉、「大ローマ展 古代ローマ帝国の遺産 栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ」が、お正月明けからいよいよ始まります(2010年1月6日[水]から3月22日[月・振休]まで)。現在、展示作業の真っ最中です!

 

 roma_augustus1.jpg

▲この巨大な箱の中にアウグストゥス像が!

 

 roma_augustus2.jpg

▲アウグストゥス像が姿を見せる瞬間。

 

 本展のメイン作品《皇帝座像(アウグストゥス)》の展示作業風景です。とても大きくて重い作品なので(2メートル15センチ、約3トン)、「門型」(もんがた)と呼ばれる機械を使って吊り上げ、苦労して展示台の上に載せました。箱が外され、アウグストゥスの神々しい姿が現れると、作業を見守っていた皆の口から、思わず「おお!」という感嘆の声が漏れました。

 

 

 roma_minerva1.jpg

▲組み立て前の《アレッツォのミネルウァ》。所蔵館の担当者が各パーツを点検中です。

 

 本展特別出品となる古代ギリシアのオリジナルのブロンズ像《アレッツォのミネルウァ》です。1体の彫刻作品ですが、このようにいくつかのパーツに分かれます。

 

 roma_minerva2.jpg

▲だんだん組み上がって来ました。

 

 時間をかけて、パーツを1つ1つ丁寧に組んでいきます。ようやくあとは首だけとなった段階で、周囲の期待はクライマックスに! 無事に首が据えられると、皆の大きな拍手が会場に鳴り響きました。

 

 

 roma_mural.jpg

▲ポンペイの「黄金の腕輪の家」の壁画群。

 

 ポンペイにあった豪奢な個人邸宅「黄金の腕輪の家」の壁画《庭園の風景》の内の二壁分が、元の配置のままに展示されます。東壁(左側)の3段と南壁の2段が組み上がったところです。このあと、東壁の方にはさらに「ルネッタ」と呼ばれる半円形の部分が載せられ、全高は展示室の天井(5.5メートル)ギリギリにまでなります。

 

 

 こんなふうに見所いっぱいの大ローマ展ですが、それらがどのようにして展示されたのかを思い描きながら各作品を鑑賞していただければ、きっと展覧会の面白さが増すことと思います。展示作業は順調に進行中。お正月明け6日からの公開です。どうぞお楽しみに!
(T.O.)

そうじの話

2009年12月21日

作品を収納している裏のエリアの掃除には、いくつか注意点があります。
作品が置いてある訳ですから、作品にぶつからない様にすることは、まずその筆頭と言えるでしょう。収蔵庫や撮影室、修復室などでは、一般家庭のものとは異なる、クリーンルーム用の特別の掃除機を使用しています。0011クリーンルーム用掃除機2.jpg

↑クリーンルーム用掃除機

空調機と同様、カビの胞子程度の物も除去する特殊なフィルターがついているタイプです。

これを扱う時には二人一組が原則です。一人は通常通りに掃除に集中すればいいのですが、もう一人はコードや掃除機の本体が作品にぶつからない様にコントロールを行います。これは二人の息が合わないとなかなか難しい作業です。


時には掃除機を持ち込むのが難しい場合もあります。例えば調査日程、撮影日程が詰んでいて、一方では調査、撮影を行い、その傍らで清掃を平行して行わなければならないような時です。その場合は、昔ながらの「茶殻とほうき」の現代版を行います。湿らせたシュレッターゴミをほうきで転がしながら掃除する方法です。

0022茶殻とほうき.jpg

↑「茶殻とほうき」ならぬ「シュレッターの紙くずとほうき」

これなら音も埃も、両方、立てずに行えますね。大きな面積を掃除する日は、シュレッターゴミを要らなくなった黄袋に入れ、水につけてから洗濯機で軽く脱水をかけて準備します。
 

いずれにせよ床に落ちたゴミや塵を集めるだけなく、裏のエリアでは空気中の埃もできるだけ少なくする目的で清掃を行なわなければなりません。カビの胞子はだいたい3ミクロン内外だと言われています。塵埃の挙動を研究した人がいるのですが、3ミクロンの塵埃は、舞い上がるとすぐには落ちて来ず、数時間かけて沈降してきます。特にカビ処理が続いた部屋などを清掃した日は、一通りの掃除を終えた後も、翌日、誰も入らないうちに手前からそっとモップがけを行い、この沈降した埃を除去してゆきます。机の上など、前日に一度拭いた所でも、朝には結構ざらついているのがわかります。特にカビがひどい時などは、逆制石けんを使用する事もあります。
この塵埃の挙動とモップがけの関係は、ご家庭での掃除についても、少し念頭に置いておかれるといい情報だと思います。

003カビ対策とモップ.jpg

↑カビ対策用


(N.N.)

  11月26日(木)と28日(土)、「視覚に障害のある方へのプログラム」を開催しました。今年3月15日ブログのワイエス展鑑賞会とあわせてお読みいただきたいのですが、今回は所蔵作品展の鑑賞です。
 現在の展示では、視覚障害をおもちの方に手で触れていただけるブロンズ彫刻が14点。特に展示室入口では若い女性(戸張孤雁の《をなご》)と壮年男性(中原悌二郎の《平櫛田中像》)、そしてベートーヴェン(ブールデル《両手のベートーヴェン》)という頭像を集めました。

002をなご.jpg

↑戸張孤雁 《をなご(頭部)》 1910年

006田中像.jpg

↑中原悌二郎 《平櫛田中像》 1919年

003両手のベートーベン.jpg

↑エミール・アントワーヌ・ブールデル 《両手のベートーヴェン》 1908年

モデルの顔立ちの差に加えて、卵型の粘土を柔らかく変形した戸張、土台となる骨格に土を付けていく中原、大きな四角い塊から刻み出したようなブールデルと、作り方による造形の違いが現れています。丹念に触れていくと、こめかみや頬骨の下のくぼみに自分の指がぴたりとはまり、作者の手跡を感じとることができます。

001コルヴィッツ鑑賞.jpg

↑コルヴィッツ《恋人たち?》の鑑賞
顔で感覚をつかんだあとは、男女が溶け合うような複雑な彫刻に挑戦したり、絵画の鑑賞に進みました。

004小出楢重鑑賞.jpg

↑小出楢重《蔬菜静物》の鑑賞
今回の参加者は4回のべ27人で、うち初参加が5人。ガイドボランティアも4月におこなった養成講座で新人が増え、お一人に2名つく時も。付き添いのご家族やヘルパーも加わってかなりにぎやかでした。毎回思うのですが、一つひとつの作品についてこんなに語り合える鑑賞会もめったにありません。

005巴水立体コピー.jpg

↑川瀬巴水《馬込の月》と立体コピー
名古屋YWCAのボランティアに作っていただいた立体コピーの新作。試作で細かく表していた松の枝葉や右下の屋根藁は本番で単純化し、逆に省略していた、満月をよぎる薄い雲はこの版画の風情に重要だということで復活しました。

4回とも皆さん1時間半を休憩もなく鑑賞され、さらに後日個人的に来館された方もありました。ブログをお読みの方で、このプログラムを紹介したいお知り合いがおありでしたらご連絡ください。次回の開催時(まだ未定ですが)にご通知させていただきます。
            
(TM)
 

FTatsukichiPortrait.jpg 藤井達吉(1881?1964)という美術工芸家をご存じの方も少なくないと思いますが、念のため、まず簡単にご紹介します。彼は、明治14年に、現在の愛知県碧南市に生まれました。その制作活動は、日本画を中心とした絵画から、七宝、染色、漆工などの工芸分野まで実に幅広いものです。また、活動した時期も明治末から昭和までと長期に渡っていて、彼の芸術家としての全体像を把握することを難しくしています。(左図:藤井達吉肖像、大正6年)

 彼は、明治の終わりから大正時代にかけて「フュウザン会」や「无型」といったなどの前衛的なグループに参加し、美術の新しい可能性を切り開こうとしていた気鋭の画家・彫刻家・工芸家たちと親しく交わりました。この時期、彼は、絵画の制作はもちろん、工芸の分野でもその近代化を掲げて個性的な作品を世に問うていきました。しかし、当時の工芸界はまだそのような個性的な制作への関心は薄かったようで、彼の制作と主張への賛同は思ったようには広がっていきませんでした。

 彼は、やがてそのような活動から離れていき、昭和期の後半生には、郷里での後進の指導に重きを置くようになっていきました。瀬戸で若い陶芸家を指導し、また小原(豊田市)の和紙工芸を芸術的な創作活動へと導いたのが、他ならぬ藤井達吉だったのです。この時期になると彼の制作は文人的な性格が強まり、平安時代の継紙の技法を現代に蘇らせた「継色紙(つぎしきし)」の作品や、水墨による作品を数多く遺しました。

 今、その藤井達吉の画家としての活動に焦点をあてた展覧会が、碧南市藤井達吉現代美術館で開催されています。これはなかなか見応えのある展覧会で、彼の制作の初期から晩年までの絵画制作が一望できるものです。愛知県美術館では、昭和30年に愛知県文化会館美術館として開館したときに、藤井本人から1,460点余りの作品や資料を寄贈していただいており、今回の展覧会にも10点を超える作品を出品しています。この展覧会には、そういった美術館所蔵の作品だけでなく、私自身、今回初めて見る個人蔵の作品も数多く出品されていて、さすが藤井研究の拠点美術館だけのことはあるという充実した内容です。藤井達吉ファンはもちろん、これまで彼のことをあまり知らなかった方にも必見の展覧会です。

FTatsukichi2.jpg

FTatsukichi4.jpg

FTatsukichi3.jpg

 美術館の近くには、文化財を所蔵するお寺など古い建物も多くある町並みや、地元の新鮮な魚介類を販売する魚屋さんなどもあり、散策気分で美術館界隈を楽しむこともできるお勧めスポットです。また、少し足を伸ばせば、農産物の直売の「あおいパーク」や、こちらは魚介類専門の「一色さかな広場」などもあり、見ることはもちろん、食べることでも楽しみ満載です。展覧会は1月11日(月、祝)まで、是非一度お出かけください。

 (MUM)

画家としての藤井達吉
2009年11月3日(火・祝)-2010年1月11日(月・祝)
観覧時間:10:00-18:00
休館日:月曜日(ただし11月23日(月)・1月4日(月)は開館し11月24日(火))は休館)
年末年始は12月28日-1月1日休館。年始は1月2日より開館。
展覧会ウェブサイト:http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/gakafujii.html

巨大オブジェの搬出

2009年12月09日

  芸術文化センターの吹き抜け空間に、巨大なオブジェが吊り下げられているは皆さんもご存じのことでしょう。このオブジェは、竹と和紙による立体造形で知られる現代アーティストの北山善夫さんの制作によるもので、「私」と書いて「あなた」と読ませるというちょっと意味ありげなタイトルが付けられています。

  この作品は、実は人のかたちをしているのですがお気づきだったでしょうか。大ホールの入口あたりから見上げたとき、そして上層階へと移動するシースルーエレベータから眺めたとき、巨大なオブジェは刻々とその姿を変えていきますが、全体は両手を広げて左足を後に曲げて、飛び立つようにも、舞い降りるように見える人の姿が表されています。
001北山オブジェ 019s.jpg
 

  この作品、芸術文化センターの開館に合わせて設置され、これまでずっと皆さまにご覧いただいてきましたが、さすがに近年は汚れが目立つようになり、また、軽やかに曲げた左足には少しゆがみが出てきていました。そこで今回、一度作品を降ろして化粧直しをすることになり、12月8日(月)にその作業を行いました。制作者の北山善夫さんにお越しいただき、再設置のための記録や目印を付けながら20人近いスタッフが慎重に作業を進め、夕方には無事にすべてを分解、搬出して、保管場所まで運び終えました。これから洗浄作業や、紙の貼り替え作業を行い、再来年には再設置の予定です。

004北山オブジェ 108s.jpg

002北山オブジェ 023s.jpg

  ところであのオブジェですが、ご覧いただくと竹と紙でできているように見えますが、基本はすべてガラスでできています。もちろんガラスといっても特殊なもので、繊維状のガラスを束ねて棒にしたものと、同じく紙のように薄くしたものを使っているのです。

  作品がなくなった吹き抜け空間は、ちょっと寂しい感じがしますが、現在は幾何学的な構成による建築空間そのものの美しさをご覧いただけます。そして、来年に迫った「あいちトリエンナーレ2010」では、まったく違った作家による作品が設置されるようになるかも・・・。いずれにしても一年半ほどかけて化粧直しが終わって、開館した時のように美しく軽やかな姿に戻ったあの「私(あなた)」との再会をどうぞお楽しみに!

(MUM)

 あいちトリエンナーレに向け、所蔵作品展内の展示室6で若手作家を紹介している「現代美術の発見」シリーズ。第4回の宮永春香さんは1980年石川県金沢市の生まれで、2008年に金沢美術工芸大学大学院の博士課程を修了。愛知県が2007年から開催している公募「アーツ・チャレンジ 新進アーティストの発見inあいち」の2009年入選者でもあります。

002宮永春香作品 002.jpg

《FEITICO 抜け殻》2009年
真っ白な毛糸の編み物のように見えますが、この作品、磁器なんです。いったいどうやって作るのでしょうか?

 

004宮永春香作品 0041.jpg

金澤アートイベントカレンダー『Equal』vol.12より
紙紐をかぎ針で編んだものに磁土をドロドロにした泥漿(でいしょう)をしみ込ませ、高温の窯で焼くと、紙紐は完全に焼失して中空の磁器になります。

005宮永春香作品 009.jpg

アトリエの机
紙紐と磁器。同じような形でも、印象が大きく違いますね。

001宮永春香作品 001.jpg

虚(そら)と骨》2003年
こちらは宮永さんが大学の学部を卒業した2003年の作品。器の外側と内側の空間が入り組んだダイナミックな造形ですが、これも紙と紙紐で作ったチューブによる立体に陶土を付け、紙が焼失した抜け殻が形となったもの。

003宮永春香作品 003.jpg
宮永さんはより複雑な形を作るために「編む」技法を始めましたが、できた形象からお守りのような意味性を感じて、ポルトガル語の「護符」にもとづくFEITICO(フェティシェ)というタイトルをつけました。今回出品の35点の中に、きっとあなたの心に響く形がみつかることでしょう。

(TM)
 

 文化庁の地域文化芸術振興プラン推進事業として、県内6ヶ所で現代アートやパフォーマンスなどを展観する『あいちアートの森=アートが開くあいちの未来=』が開かれます。そのうち二つのプロジェクトが、いよいよ12月からスタートします。

 5日から始まる「東栄町プロジェクト」は、廃校となった旧新城被東高校本郷校舎を使います。11月27日に、山本富章さんの作品設営へ行ってきました。

 10:30、倉庫に保管してある作品の積み込みをスタート。巨大な作品パーツに圧倒されながら、(トラックに乗るのか?)と不安に襲われました。

 案の定、4tトラック2台がいっぱいになってしまい、急遽4tトラックをもう一台呼ぶことに。二時間かかって積み込みを終え、さあ、東栄町へ出発。

091127-2.jpg

 愛知県の東端にある北設楽郡東栄町へ約三時間かけて到着、現在は廃校となっている高校の体育館へ作品を積み下ろします。

091127-1.jpg

091127-16.jpg

 16:00、いよいよ展示開始です。

 まずは、梱包材を解いていきますが20年ぶりに作品を出すため、薄紙が作品に貼り付いてなかなか取れません。貼り付いてしまった紙は丁寧に剥がして、柔らかい布で綺麗に拭き取ります。

 そうして、試行錯誤しながら作品を組み立てていきます。

 重いパーツを5mの高さまで担がなければいけない状況も、作品を足場にして(!)クリアしていく作業員さん。

091127-8.jpg

 山本富章先生は、この巨大な作品を誰の手も借りずに、たった一人で制作したそうです。

 展示しながら、「20年ぶりで懐かしいとかじゃないね。よく一人で作ったと驚くよ、本当。40歳だったからできたことだと思うね。」と呟く先生。

091127-9.jpg

 そう、この作品は、20年前に幕張メッセで展示されて以来、二回目のお披露目となるとても貴重な作品なんです。体育館の広さを生かして展示した対作品は、床に引かれているラインや、天上から降りているバスケットゴールなどと、絶妙なハーモニーを奏でています。
先生曰く「20年たっても迫力あるでしょ。」

 作品の門で写真撮影もできます。この門で撮影すると元気と幸せが訪れるかもしれませんよ。

091127-13.jpg

 23:30、無事に作業終了。立派な作品がお目見えです。全体像はもったいないので、ここではお見せできません。

 是非、東栄町の旧新城東高校本郷校舎、体育館へ足をお運びください。一見の価値あります!!

あいちアートの森公式ホームページ⇒http://aichiartnomori.com/
(KO)