2010年07月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

レームブルック片付け

2010年07月24日

愛知県美術館10階の「ラウンジ」と呼ばれる八角形の空間には、開館以来レームブルックのブロンズ彫刻《立ち上がる青年》がたいてい展示されています。この作品も「あいちトリエンナーレ2010」のために片付けました。《立ち上がる青年》は人力で持ち上げられるほど軽くないので、作業もたいへんです。この彫刻は3次元の揺れにも対応する専用の免震台に乗っているので、まずは免震台が動かないように固定することから始め、いくつかの作業工程を経て、収蔵庫内の予め確保しておいたスペースに収納しました。重い作品の移動は見ているだけでも疲れるものです。
 (H.F.)

 001dsc_0167.jpg
↑免震台を固定しています

 002dsc_0168.jpg
↑作品を移動します

 004dsc_0173.jpg
↑トリエンナーレが終わるまで収蔵庫でしばらくお休みです

 003dsc_0170.jpg
↑残った免震台を片付ければ作業終了