2011年06月123456789101112131415161718192021222324252627282930

義援金についてのご報告

2011年06月23日

 東日本大震災から3ヶ月半が過ぎた今、あらためて被災された方々に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げますとともに、被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

 23年度第1回目の企画展として4月29日から6月12日まで麻生三郎展を開催いたしました。この企画展にあわせて、所蔵作品展ではこの度の大震災で被災された方々に思いをよせ、その心情に寄り添わせていただくことを願って、「祈りと鎮魂」をテーマにしたささやかな展示を行いました。

 あわせて展示室内に文化財レスキューの支援のための義援金箱も設置し、来館者の皆様にご協力をお願いいたしました。その結果、175,406円という多額の義援金をお寄せいただきました。この義援金は6月15日に郵便局から「愛知県美術館来館者一同」として全国美術館会議に送金させていただきました。皆様からのご協力に心から感謝申し上げます。

donationreport01.jpgdonationreport02.jpg

 

 7月9日(土)からは東北復興支援特別企画として「棟方志功 祈りと旅」展を開催いたします。この展覧会では、支援のための絵葉書あるいはポスターを販売するとともに、東北地方の美術館グッズ、工芸品などを販売し、その収益金を義援金として被災地へ、また、文化財レスキュー活動にも役立てさせていただこうと思っています。

 一人でも多くの方々にご来館いただき、被災地東北へ思いを寄せていただくとともに、ご協力をいただければと願っています。

愛知県美術館長
村田 眞宏