2012年04月123456789101112131415161718192021222324252627282930

ショップも楽しい「魔術/美術」

2012年04月25日

当館で開催中の「魔術/美術 幻視の技術と内なる異界」。

「魔術」というキーワードの魔力のなせる業なのか、週末を中心にたくさんの方においでいただいています。

 

しかし、盛り上がっているのは展覧会だけではありません!

実は、アートショップも「魔術/美術」に合わせた展開となっています。

 

そこで今回は、魔術展会期中限定で、アートショップで販売する商品をご紹介いたします。


まずは、「魔術/美術」オリジナル・グッズ!

カタログ制作中に出てきたデザインがあまりにも可愛らしかったので、このデザインをお借りして、マジュビジュ風クリアファイルとノートを作りました。

まずは、パステルカラーが春らしいオリジナル・クリアファイル。

女性のお客様に大人気です。表も裏も繊細な模様でいっぱいです。

 

ma_clearfile.JPG
↑ 「魔術/美術」オリジナル・クリアファイル。A4サイズ。350円(税込)。

 


続いては、ちょっと渋めのオリジナル・ノート。

マジュビジュ風デザインはそのままに、タイトル部分だけを抜いています。

お好きなタイトルを書き込んで、あなただけのマジュビジュ風ノートを作ることができます。

中身は白無地なので、おしゃれなお絵かき帳としてもも使えますよ。

 

ma_notebook.JPG

↑ 「魔術/美術」オリジナル・ノート。A5サイズ。350円(税込)。

 

 

次に、「魔術/美術」オリジナルではありませんが、学芸員のイチオシ商品をご紹介します。

 

当館が所蔵する白隠慧鶴(はくいんえかく)の作品をモチーフにした、愛知県美術館オリジナルせんべいです。

 

ma_senbei.JPG

↑ 愛知県美術館オリジナルせんべい。5枚入り。380円(税込)

 

 

白隠慧鶴は、江戸時代中期の臨済宗の禅僧で、主に民衆への布教の目的から、禅の教えを表す墨画を数多く残しました。

その中には、漢字を絵の中にそのまま取り入れたものがあり、今回の魔術展でも、白隠のこの大胆なテクニックを紹介しています。

せんべいのモチーフになった作品《布袋図》は、袋の中に「寿」を入れた嬉しそうな表情の布袋様の姿を表したものです。

 

hakuin_hotei_s.jpg

↑ 白隠慧鶴《布袋図(ほていず)》江戸時代中期(18世紀) 愛知県美術館(木村定三コレクション)

 

 

ma_senbei_detail.JPG

↑ おせんべいにすると、こうなります。

 


実はこのおせんべい、作り方もなかなか本格的なのです。

製作していただいたのは、手焼きのおせんべいが自慢の製菓店「貴清堂本店」さん。

白隠の作品をもとに、オリジナルの焼き印を製作していただきました。

 

ma_senbei_yakiin.JPG

↑ 白隠《布袋図》をかたどった焼き印。手に持つとかなりの重みがあります。

 

この焼き印もおせんべいの横に展示(?)していますので、どうぞ手にとってご覧ください。


木村定三コレクションによる「禅の味」をお楽しみいただける白隠せんべい。お土産にもおすすめです!

 


その他、アートショップでは世界の呪術、おまじないグッズを取りそろえています。

 

ma_straps3.JPG
↑ メキシコの骸骨ストラップ。
  先祖の霊を迎えるお祭りの時に街に骸骨が飾られるそうです。ゆらゆら揺れる姿はむしろコミカル。

 

ma_horse.JPG

↑ ダーラナホースのマグネット。
  北欧に伝わる「幸運を呼ぶ馬」。デザインがおしゃれです。

 

ma_masks2.JPG

↑ インドネシアの魔除けの神様「バロン」のマグネット。
  個性的なマグネットをお探しの方はぜひ。

 

ma_ekeko.JPG

↑ エケッコおじさんの人形。
  アンデス地方で幸運を呼ぶとされる人形です。見ているだけで愉快な気持ちになります。(横のランプも気になりますね。)

 

そしておまけ。

現代の魔女といえば「美魔女」(年齢を重ねても若さと美しさを追究する女性たちを指す言葉です)。

ということで、美魔女の皆さんが注目する高級蜂蜜マヌカハニーも販売しています。

ニュージーランドに自生する植物マヌカの花からできる蜂蜜は抗菌性が高いとして、美容、健康などの面から話題なのだとか。

 

ma_honey.JPG

↑ マヌカハニー。 「美魔女」への第一歩!?

 

展覧会を楽しんだ後には、ショッピングも楽しめる「魔術/美術」。

アートショップをチェックするのもどうぞお忘れなく!

(S.N.)