2012年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

黄金の騎士カレー、そのお味は?

2012年12月14日

先日、ウエスティン・ナゴヤキャッスルのレストラン「クラウン」にて、クリムト「黄金の騎士カレー」の試食会が開催されました。

 

currytasting_2.JPG


このオリジナル・ビーフカレーは、12月21日から開催する「生誕150年 クリムト《黄金の騎士》をめぐる物語」展の開催に合わせて、愛知県美術館とナゴヤキャッスルとで共同開発したものです。

クリムトの絵画に見られる官能的な世界、そして愛知県美術館の所蔵する《人生は戦いなり(黄金の騎士)》(1903年)に込められた強い意志をカレーで表現してください、という美術館のリクエストに応え、腕利きのシェフが試作を重ねて完成させてくださったものです。


当日は、名古屋城が一望できる部屋に、ご応募いただいた皆さんにお集まりいただきました。

 

currytasting_1.JPG

 

試食に先立ち、横尾副総料理長から「美術館のリクエストに応え、甘くまろやかさの後にスパイスが追いかけてくるオリジナルカレーを作り上げました。」という説明をいただきました。

currytasting_3.JPG

 

そして、いよいよ試食がスタート。

currytasting_6.JPG

 

実際に食べてみると、まず、まろやかで、ちょっと甘い上品な味が口に広がります。

そして一呼吸、いや二呼吸ほどしてから、スパイシーな心地よい刺激がやってきます。

クリムトの官能的な世界を「まろやかな甘さ」で、その強い意志を「スパイス」で表現した絶妙の味わいです。

 

currytasting_5.JPG


試食会に参加いただいた方からは、

「後から口の中に広がるスパイシーな風味が大人のカレーらしく期待以上の味で大満足です。」

「『最初はまろやか、後からスパイスが追いかけてくる』というイメージの再現率の高さに驚きました。」

「大変上品な奥深い味のカレー、おいしかったです。まるでクリムトの絵に出てくる色とりどりのモザイクのように色んな味わいが楽しめました。」

といった感想をいただきました。


試食会では、カレーの話はもちろん、クリムト《人生は戦いなり(黄金の騎士)》にまつわる話などもまじえて、ご参加いただいた皆さんと、和やかで楽しいひとときを過ごすことができました。

レトルトパックの「黄金の騎士カレー」は、展覧会にあわせて、12月21日から愛知県美術館のショップと、ウェスティン・ナゴヤキャッスルでお買い求めいただけます。

ぜひ一度ご賞味ください。

(M.M.)

currytasting_7.JPG

一人前200g、500円(税込)です!