2013年01月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

友の会特別鑑賞会

2013年01月11日


 昨夕、愛知県美術館では友の会会員を対象としたと「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」展の特別鑑賞会がありました。この特別鑑賞会とは、以前にもお知らせしましたが、企画展毎に担当学芸員が別室でスライド使って簡単なレクチャーをしたあと、会場でお話しをするものです。

 鑑賞会2.jpg

 では何が一般向けのギャラリートークと違うのかというと、単に展覧会の案内だけでなく、展覧会を開催するにあたっての裏話など、普段はなかなか聞けない内容が含まれていることと、一般のお客さんが退出されていなくなったところで貸しきりの状態でゆったりと鑑賞できること、そして、担当学芸員だけでなく、館長、副館長、その他の学芸員もいっしょに会場を回り、一方的なトークだけでなく、それぞれマンツーマンでお話しする機会もある、という特別な鑑賞会なのです。一方的なトークの中ではなかなか言い出せない質問も一対一でならば気軽に聞くことが出来ると好評です。なので、いつも予定時間を超過してしまい、名残惜しげに会場を後にされる会員の姿も…。

 鑑賞会1.jpg

 このスタイルでの特別鑑賞会は、20年近く前に初代館長の浅野徹さんと友の会理事の方たちとのよい関係から生まれ、友の会が発足して以来の伝統になっています。興味のある方は友の会事務局へどうぞ!(ST)