2015年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ピカソの里帰り(ピカソ美術館編)

2015年12月28日

 さて、前回お伝えしたとおり、長い道のりをへて無事に到着したピカソですが、このような長時間のフライトや移動を経た後は木箱をすぐに開けることはありません。「シーズニング」といって翌日以降までそのままにして環境になじませてから、木箱から取り出して移動中に何か変化がなかったかの点検するのです。着いた日は週末だったので翌々日に開梱、点検をピカソ美術館の保存修復の学芸員と一緒に行い、すぐに展示室へ移送して展示作業へかかりました。

13_open.jpg

▲クレート(輸送箱)を開けたところです。

 ピカソ美術館は非常に古い建物を再利用した美術館なので、それぞれの展示室はさほど大きくはありませんが、展示された部屋はピカソ美術館の中でも中心的な展示室でそれも壁の真ん中に飾るところが用意されていたのでした。
 ほかの展示室の案内も含めて館長が丁寧に応対してもらい、作品を架けるフックや照明などそれぞれ確認をしながら展示作業は進められました。展示そのものはワイヤーで吊るタイプではなく専門スタッフが新しく塗り替えられて用意された壁に作品に合わせたフック用の穴を、日本製のドリル!であけ、盗難防止の留の付いたフックを使って高さや水平を調整しながら架けました。

4_tool1.jpg

▲世界のマキタ!

 日本を出発する直前にピカソ美術館からは今回の愛知県美術館の作品をピカソ美術館で展示することについて取材依頼が来ているので是非対応してほしいとの連絡がありました。どんな取材になるのかと期待半分、不安半分だったのですが、実際にはバルセロナのあるカタロニア地方の地方紙の女性記者とスペイン全国紙の男性記者とカメラマンが来て展示の終わった作品を前にしてそれぞれ直接のインタビューを受けることになりました。《青い肩掛けの女》がどういった経緯でいつ収蔵したのか、愛知県美術館コレクションでの位置付けはどうか、来館者はどんな様子かなどについて尋ねられました。記者たちはスペイン語だったので、スペイン語の出来ない私のために、ピカソ美術館の館長に英語に通訳していただいてのインタビューとなりました。

 そのあとピカソ美術館のチーフキュレーターにピカソ美術館でこの作品を展示する意味やこの作品の重要性などを聞いていました。おかしかったのは、そのチーフキュレーターへのインタビューの様子を私が写真に撮ろうとしたら、そのまま動かないでくれとカメラマンが《青い肩掛けの女》を背にして私がカメラを構えている様子を撮影し、なんとその妙な写真が全国紙の紙面とウェブに載せられたのでした。 

 

6_interview.jpg

▲インタビュー中に撮影されました。

 

 このように《青い肩掛けの女》は現地でもニュースになる注目されることであったのです。愛知県美術館が1992年の開館に向けて収集を始めて最初の寄贈作品であったこの《青い肩掛けの女》は長年展示室で見慣れていてつい素通りしがちになっていたのですが、バルセロナでも注目される重要な作品であることを改めて感じさせられた出張になりました。この作品のおかげもあって今度の「ピカソ、天才の秘密」展にはバルセロナのピカソ美術館からは油彩と素描合わせて5点の作品が来日しています。もちろんの《青い肩掛けの女》もそれらと一緒に帰国して展示室に並びました。
 1月3日からの「ピカソ、天才の秘密」展にはバルセロナのピカソ美術館だけでなくパリのピカソ美術館やワシントンDCのナショナルギャラリーやフィラデルフィア美術館などからも名品が出品されています。是非ご来館いただければと思います。そして上記のような裏話を思い出しながら見ていただけると別の面白さもあるかと思います。

(S.T)