2008年12月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

展示替え

2008年12月25日

 23日(火)の天皇誕生日に『ライオネル・ファイニンガー展』が終了しました。みなさま楽しんでいただけたでしょうか。
展覧会が終わると、休む間もなく次に始まる展覧会への準備が始まります。その展示替えでの1コマをご紹介しますっ。
まずは、展示していた作品を壁から下ろして輸送できるように箱へしまっていくのですが、そのまますぐ箱には入れずに、作品の状態を点検します。作品には、状態を記録するチェックシートがあり、展示期間中作品に何か問題はなかったどうかを1つ1つ点検していきます。

 thmnl_12.25.01.jpg

▲写真左の紙がチェックシート

▲点検中の学芸員。真剣な表情ですね。。。

 次に点検が終わったものから、梱包されていきクレートと呼ばれる作品輸送用の箱へ収納していきます。クレート内部は、スポンジが敷き詰められ、移動中の衝撃を作品が受けないように工夫がされています。さらに、クレートの箱はボルトでがっちり固定されているので何かの拍子に開くこともありません。大きいものとなると、ちょっとした部屋にもできそうなサイズのものもあります。

thmnl_12.25.03.jpg

▲真ん中の白いものが作品です。まわりをスポンジで固定しています。

thmnl_12.25.04.jpg

▲大・小様々なクレートたち 

 ファイニンガー展は、巡回展なのでこれらの作品は、次会場の宮城県美術館へ向かいます。

昨日、美術館を出発したのでもう着いているかもしれませんね。

◎さて、ここで間違い探しに挑戦してみましょう!

thmnl_12.25.05.jpg

写真A

thmnl_12.25.06.jpg

写真B

 

 たくさんあったかと思いますが、、、注目してほしいのは展示室の壁です。 
展示室の壁は、可動壁になっているので、展覧会ごとに壁の移動をして会場の雰囲気をがらりと変えることができます。移動をするのは、そんなに力を必要としないので2人ぐらいでできちゃいます。
現在は、写真Bのようになっていて、次回展覧会アンドリュー・ワイエス展仕様になっています。壁の移動が終わったら、会場のディスプレイをし、作品を搬入し、展示へと進んでいきます。その様子については、またいつかご紹介したいと思います。
どのような展示に仕上がるのか楽しみにしていてくださいっ

 さーって、まだまだ作業が残っているので、展示作業へ行ってまーす。
(RK)
 

 12月9日から始まったファイニンガー展関連イベント「クリスマスツリーのオーナメントを作ろう」(ブログ12月9日記事参照)、大好評です!

 

 thmnl_tree 005.jpg

▲ツリーは今こんなふうになってます!

 

 最初は丸裸だったツリーも少しずつオーナメントが増えていき、今ではこんなにきらびやかになりました! 毎日いろいろな方々が参加してくださっています。親子、友達同士、恋人同士でわきあいあいと、あるいはお独りで黙々と。私たち美術館スタッフも、ツリーがどんどん賑やかになっていくのを毎日楽しく眺めています。

 

 それでは突然ですが、今日までにみなさんに作っていただいたオーナメントの中からTO学芸員が独断と偏見で選んだBEST5を発表させていただきます(順不同)。

 

thmnl_tree 061.jpg
▲記念すべきオーナメント第1号です! 作ってくださった方、一番のご参加ありがとうございました。

 

thmnl_tree 040.jpg

▲なんてカワイイしろくまさん! 赤いマフラーを巻いて、マツボックリの上に腰掛けてます。

 

thmnl_tree 082.jpg

▲何かのキャラでしょうか? その道に詳しいKS学芸員に聞きましたが特定できず。

オリジナルかな? 赤・青・黄の髪の三つ編みがきれいです。

 

thmnl_tree 072.jpg

▲すごくおいしそう! 真ん中には雪ダルマがちょこんと載っています。メリークリスマス!

 

thmnl_tree 009.jpg

▲真っ赤なバラの花束を右手に持った男の子が大粒の涙を流しています。

何があったのでしょう!? クリスマスまでめげずにがんばれ!


 このファイニンガーのツリー・イベントは中日新聞のウェブサイト(http://event.chunichi.co.jp/feininger_xmas.html)でも紹介されていますので、そちらもぜひご覧ください!
 

(TO)
 

 12月9日から始まったファイニンガー展関連イベント「クリスマスツリーのオーナメントを作ろう」(ブログ12月9日記事参照)、大好評です!

 

 thmnl_tree 005.jpg

▲ツリーは今こんなふうになってます!

 

 最初は丸裸だったツリーも少しずつオーナメントが増えていき、今ではこんなにきらびやかになりました! 毎日いろいろな方々が参加してくださっています。親子、友達同士、恋人同士でわきあいあいと、あるいはお独りで黙々と。私たち美術館スタッフも、ツリーがどんどん賑やかになっていくのを毎日楽しく眺めています。

 

 それでは突然ですが、今日までにみなさんに作っていただいたオーナメントの中からTO学芸員が独断と偏見で選んだBEST5を発表させていただきます(順不同)。

 

thmnl_tree 061.jpg
▲記念すべきオーナメント第1号です! 作ってくださった方、一番のご参加ありがとうございました。

 

thmnl_tree 040.jpg

▲なんてカワイイしろくまさん! 赤いマフラーを巻いて、マツボックリの上に腰掛けてます。

 

thmnl_tree 082.jpg

▲何かのキャラでしょうか? その道に詳しいKS学芸員に聞きましたが特定できず。

オリジナルかな? 赤・青・黄の髪の三つ編みがきれいです。

 

thmnl_tree 072.jpg

▲すごくおいしそう! 真ん中には雪ダルマがちょこんと載っています。メリークリスマス!

 

thmnl_tree 009.jpg

▲真っ赤なバラの花束を右手に持った男の子が大粒の涙を流しています。

何があったのでしょう!? クリスマスまでめげずにがんばれ!


 このファイニンガーのツリー・イベントは中日新聞のウェブサイト(http://event.chunichi.co.jp/feininger_xmas.html)でも紹介されていますので、そちらもぜひご覧ください!
 

(TO)
 

    ライオネル・ファイニンガー展の関連イベント、「クリスマスツリーのオーナメントを作ろう」が今日から始まりました!

thmnl_fngtree.jpg

▲当館のロビーに飾られたクリスマスツリー

    このブログですでにご紹介したように、ファイニンガーは絵を描く以外に、小さなおもちゃもたくさん作っていました。その中には、クリスマスツリーのオーナメントとして作られたものもあります。それにちなんでのイベントです。

thmnl_fngtrain.jpg

▲ファイニンガーっぽい汽車

thmnl_fngfish.jpg

▲ファイニンガーの絵に登場するキャラクターもいっぱい!

    現在、ファイニンガー展に来てくださったお客様のうちご希望の方に、いろんな色の粘土でクリスマスツリー用の小さなオーナメントを作ってもらい、当館のロビーに設置したツリーに飾り付けてもらっています。参加は1日限定10名様(土日祝は20名様)。このイベントは展覧会最終日の12月23日(火・祝)まで、休館日を除いて毎日実施されます。その間オーナメントは増え続け、ツリーはどんどんにぎやかになっていきます。最終日には、ツリーはどんな姿になっているでしょうか。どうぞお楽しみに!

(TO)

    ライオネル・ファイニンガー展の関連イベント、「クリスマスツリーのオーナメントを作ろう」が今日から始まりました!

thmnl_fngtree.jpg

▲当館のロビーに飾られたクリスマスツリー

    このブログですでにご紹介したように、ファイニンガーは絵を描く以外に、小さなおもちゃもたくさん作っていました。その中には、クリスマスツリーのオーナメントとして作られたものもあります。それにちなんでのイベントです。

thmnl_fngtrain.jpg

▲ファイニンガーっぽい汽車

thmnl_fngfish.jpg

▲ファイニンガーの絵に登場するキャラクターもいっぱい!

    現在、ファイニンガー展に来てくださったお客様のうちご希望の方に、いろんな色の粘土でクリスマスツリー用の小さなオーナメントを作ってもらい、当館のロビーに設置したツリーに飾り付けてもらっています。参加は1日限定10名様(土日祝は20名様)。このイベントは展覧会最終日の12月23日(火・祝)まで、休館日を除いて毎日実施されます。その間オーナメントは増え続け、ツリーはどんどんにぎやかになっていきます。最終日には、ツリーはどんな姿になっているでしょうか。どうぞお楽しみに!

(TO)

漫画家ファイニンガー

2008年11月06日

 ライオネル・ファイニンガー展、好評開催中です! クリスタルの画家ファイニンガーにオモチャ作家としての側面があることは、10月20日にHF学芸員がこのブログでお話ししました。今日は、さらに別の興味深い側面についてご紹介しましょう。

 ファイニンガーはなんと漫画家でもありました。1906年の一時期、アメリカの『シカゴ・サンデー・トリビューン』という新聞に、毎週日曜日「キンダー・キッズ」という漫画を描いていたのです。これは、キンダー家の3兄弟と1匹の愛犬がバスタブに乗ってニューヨークの港から航海の冒険に出る物語です。今回の展覧会では、この「キンダー・キッズ」から21話、さらにファイニンガーが同じ年に同じ新聞に描いていたもう1つの漫画「ウィー・ウィリー・ウィンキーの世界」から4話、計25話のファイニンガー漫画を展示しています。

 それら25話の中で特に面白かったり重要な11話については、吹き出しの中だけ日本語に変えたものをパネルにして、オリジナル作品の横に添えてあります。これらの漫画、とっても楽しいですから、ぜひいらしてご覧になってください。

thmnl_comic.jpg
▲オリジナル作品(右)と日本語訳パネル(左)

 

thmnl_kinderkids.jpg
▲「キンダー・キッズ」の1コマ(日本語訳パネル)

 

 ファイニンガー展は来月23日までです。会期終盤は混雑が予想されますので、ゆったりしたご観覧をお望みの方は、どうぞお早目のご来館を!
(TO)
 

漫画家ファイニンガー

2008年11月06日

 ライオネル・ファイニンガー展、好評開催中です! クリスタルの画家ファイニンガーにオモチャ作家としての側面があることは、10月20日にHF学芸員がこのブログでお話ししました。今日は、さらに別の興味深い側面についてご紹介しましょう。

 ファイニンガーはなんと漫画家でもありました。1906年の一時期、アメリカの『シカゴ・サンデー・トリビューン』という新聞に、毎週日曜日「キンダー・キッズ」という漫画を描いていたのです。これは、キンダー家の3兄弟と1匹の愛犬がバスタブに乗ってニューヨークの港から航海の冒険に出る物語です。今回の展覧会では、この「キンダー・キッズ」から21話、さらにファイニンガーが同じ年に同じ新聞に描いていたもう1つの漫画「ウィー・ウィリー・ウィンキーの世界」から4話、計25話のファイニンガー漫画を展示しています。

 それら25話の中で特に面白かったり重要な11話については、吹き出しの中だけ日本語に変えたものをパネルにして、オリジナル作品の横に添えてあります。これらの漫画、とっても楽しいですから、ぜひいらしてご覧になってください。

thmnl_comic.jpg
▲オリジナル作品(右)と日本語訳パネル(左)

 

thmnl_kinderkids.jpg
▲「キンダー・キッズ」の1コマ(日本語訳パネル)

 

 ファイニンガー展は来月23日までです。会期終盤は混雑が予想されますので、ゆったりしたご観覧をお望みの方は、どうぞお早目のご来館を!
(TO)
 

 ライオネル・ファイニンガー回顧展いよいよ開催!

 先週末から始まったライオネル・ファイニンガーの回顧展。一般の方の目に触れることのない展示作業の一部をご紹介しましょう。

 今回の展覧会のオススメのひとつは、ファイニンガーが手作りしたオモチャです。6ヶ所から借用した建物や舟や人物のオモチャをまとめて一つの街を作っています。前会場の横須賀美術館から巡回してきた専用の展示台には、一つ一つのオモチャがどこに置かれていたかを示す付箋が貼られていました。

thmnl_FNG1.jpg
▲付箋の貼られた展示台

 しかし愛知県美術館では前会場とは同じ展示をしませんでした。段差を付けて立体的に展示をしたらどうかというルックハルト博士(監修者)の提案により、灰色のウレタンフォームを3段重ねにして段差を作り(段差の制作は当館の某学芸員による)、作品の位置も自由に変更しました。愛知県美術館に出現したオモチャによる街は、この展覧会の会期中だけ存在し、終了後は消滅してしまいます。そんな街の写真を監修者が欲しがっていました。

thmnl_FNG2.jpg
▲段差がついています

thmnl_FNG3.jpg
▲不安定な作品をどう展示するか監修者と相談

 

 果たしてどのような街ができたのか、会場で確認してみてください。

(HF)
 

 ライオネル・ファイニンガー回顧展いよいよ開催!

 先週末から始まったライオネル・ファイニンガーの回顧展。一般の方の目に触れることのない展示作業の一部をご紹介しましょう。

 今回の展覧会のオススメのひとつは、ファイニンガーが手作りしたオモチャです。6ヶ所から借用した建物や舟や人物のオモチャをまとめて一つの街を作っています。前会場の横須賀美術館から巡回してきた専用の展示台には、一つ一つのオモチャがどこに置かれていたかを示す付箋が貼られていました。

thmnl_FNG1.jpg
▲付箋の貼られた展示台

 しかし愛知県美術館では前会場とは同じ展示をしませんでした。段差を付けて立体的に展示をしたらどうかというルックハルト博士(監修者)の提案により、灰色のウレタンフォームを3段重ねにして段差を作り(段差の制作は当館の某学芸員による)、作品の位置も自由に変更しました。愛知県美術館に出現したオモチャによる街は、この展覧会の会期中だけ存在し、終了後は消滅してしまいます。そんな街の写真を監修者が欲しがっていました。

thmnl_FNG2.jpg
▲段差がついています

thmnl_FNG3.jpg
▲不安定な作品をどう展示するか監修者と相談

 

 果たしてどのような街ができたのか、会場で確認してみてください。

(HF)
 

 10月17日から始まる「ライオネル・ファイニンガー展」のポスターが街に貼り出されています。すでにご覧になった方もいらっしゃるでしょうか?
 よーく見ると右下にQRコードがついています。携帯で「ぱしゃっ」とやれば、モバイル版の愛知県美術館サイトに飛ぶことができます。すごい!(といいつつ私の携帯電話はQRコード読めない機種だということに気付きました…)。

chart.png
▲こういうやつです。


 インターネットの分野ではどんどん新しい試みがなされていますが、美術館がそういう技術をうまく活用している例は、まだまだ少ないのが現状です。ブログもQRコードも既に新しいとは言いがたいですし、もっともっと面白いことができそうだな、やれることはどんどん模索していかなければならないな、と実感しています。

 8月に行ったパフォーマンスのイベントでは、Ustream.tvTwitterいうサイトを使って、映像と位置情報を全世界同時配信するという実験をこっそりやっていたのですが、そのような試みを大々的にお知らせするにはもう少し時間がかかりそうです。

QR.jpg

あ、QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
(KS)
 

  「ライオネル・ファイニンガー展 光のクリスタル」(10月17日-12月23日)の前売券が発売中です! それぞれ当日料金から200円引きの、一般1,000円、高大生700円で、当館チケット売り場、ぴあ、コンビニなどでお買い求めいただけます。

thmnl_2008.09.13.jpg


 現在開催中の横須賀美術館では、ファイニンガー展は盛況のよう。次会場の当館では、ファイニンガーの最高傑作の一つ《ゲルメローダXIII》もメトロポリタン美術館からやって来て展示に加わります。さらには、初期の油彩画の重要作品《緑色の橋》と、それに基づいて制作された同名の版画(当館所蔵)を、当館では隣り合わせて展示します。これが可能なのは、片方の版画を自ら所蔵している当館ならでは! また、皆様お馴染みの《夕暮れの海I》も当館に里帰り。ファイニンガー展、ぜひお見逃しなく!!

(TO)

  「ライオネル・ファイニンガー展 光のクリスタル」(10月17日-12月23日)の前売券が発売中です! それぞれ当日料金から200円引きの、一般1,000円、高大生700円で、当館チケット売り場、ぴあ、コンビニなどでお買い求めいただけます。

thmnl_2008.09.13.jpg


 現在開催中の横須賀美術館では、ファイニンガー展は盛況のよう。次会場の当館では、ファイニンガーの最高傑作の一つ《ゲルメローダXIII》もメトロポリタン美術館からやって来て展示に加わります。さらには、初期の油彩画の重要作品《緑色の橋》と、それに基づいて制作された同名の版画(当館所蔵)を、当館では隣り合わせて展示します。これが可能なのは、片方の版画を自ら所蔵している当館ならでは! また、皆様お馴染みの《夕暮れの海I》も当館に里帰り。ファイニンガー展、ぜひお見逃しなく!!

(TO)

 愛知県美術館はこの秋、「ライオネル・ファイニンガー展 光のクリスタル」を開催します(10月17日-12月23日)。横須賀美術館・愛知県美術館・宮城県美術館を巡回するこの展覧会は、ファイニンガーの日本初の回顧展として非常に注目を集めていています。
 それで先日、すでに展覧会の始まっている横須賀美術館に視察に行ってきました。平日だったにもかかわらず、お客さんの入りはかなりのものでした。
thmnl_200809fng1.jpg

thmnl_200809fng2.jpg

thmnl_200809fng3.jpg

 会場では、横須賀の担当学芸員に、新聞連載漫画や木製玩具など、目玉となるファイニンガー作品の展示方法についてとても参考になるアドバイスをいただきました。それらを活かして、横須賀に優る美しい展示を実現したいと思います。どうぞご期待ください!
(TO)

 愛知県美術館はこの秋、「ライオネル・ファイニンガー展 光のクリスタル」を開催します(10月17日-12月23日)。横須賀美術館・愛知県美術館・宮城県美術館を巡回するこの展覧会は、ファイニンガーの日本初の回顧展として非常に注目を集めていています。
 それで先日、すでに展覧会の始まっている横須賀美術館に視察に行ってきました。平日だったにもかかわらず、お客さんの入りはかなりのものでした。
thmnl_200809fng1.jpg

thmnl_200809fng2.jpg

thmnl_200809fng3.jpg

 会場では、横須賀の担当学芸員に、新聞連載漫画や木製玩具など、目玉となるファイニンガー作品の展示方法についてとても参考になるアドバイスをいただきました。それらを活かして、横須賀に優る美しい展示を実現したいと思います。どうぞご期待ください!
(TO)