2009年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930

先日、放課後のはらっぱ展で二つのイベントが開催されました。出品作家が講師となり、参加者のみなさん、スタッフのみなさんと、はらっぱで思いっきりあそびました。

一つ目は、9月12日に開催された櫃田珠実さんによる「はらっぱのつまみぐい」。作品を見て感じたことをつまみぐいしてオリジナルの缶バッチを作ろうというものです。
珠実さんから簡単なレクチャーを受け、その後色鉛筆とバッチ用に丸く切った紙を持って展示室へ。みなさん、気になる作品や好きな作品を前にして、つまみぐいの開始です。thmnl_ha02.jpgthmnl_ha01.jpg

展示室でのつまみぐいに満足したら、作業スペースに戻り、水性ペンやクレヨンなどを使って、さらに描き足したり、新たに描いたりもしました。これぞっと思うものを二つ選んで、バッチにしていきます。
thmnl_ha03.jpg

たくさんの素敵缶バッチができあがりました。
thmnl_ha05.jpg

 

おまけ
缶バッチの制作見本として、珠実さんが用意してくれた、はらっぱ展出品作家のみなさんによるバッチです。どれが、どの作家さんによるものか分かるでしょうか。
thmnl_ha07.jpg

 

二つ目は、9月20日に行った佐藤克久さんによる「放課後のはらっぱの放課後」。ガムテープを使って、はらっぱにいそうないきものを作りました。参加者数は約40名!! たくさんの方々に参加いただきました。


まずは、佐藤さんと一緒に展示室へ行って、作品を見ながら紹介をしてもらいます。
thmnl_ppa01.jpg


作業スペースに戻ったところで、佐藤さんから手順を教わり、さっそくガムテープを使った彫刻作りのスタート!!
thmnl_ppa02.jpg

 佐藤さんやスタッフにアドバイスをもらいながら、思い思いに制作をしています。

thmnl_ppa05.jpgthmnl_ppa06.jpg

約1時間くらいかけて、それぞれはらっぱの仲間たちができあがりました。出来上がった仲間を、はらっぱに見立てた展示台の上へ。

 

thmnl_ppa07.jpgthmnl_ppa08.jpg

みんなすごいですっ!!
昆虫から動物から恐竜からなにか分からないものまで、すばらしい作品が並びました。 

おまけ2

出品作品の《フューチャー・ラウンジ》の中には、ガムテープで制作されたものが1つあるそうです。探してみてください。

はらっぱ展のイベントは、これだけではありません。10月18日(日)には名古屋市美術館で、【はらっぱ一日カフェ】名古屋市美術館の中にあるカフェ・ステラに出品作家の加藤美佳さん・安藤正子さんのレシピをもとに作った、特別メニューが登場!! また、櫃田珠実さんによる【はらっぱフォトバッチ、バッチグー】や設楽知昭さんによる【幻灯会】が開催されます。ぜひっご参加ください。詳しい内容はこちらから

(RK)

 さて、いよいよスタートした「放課後のはらっぱ 櫃田伸也とその教え子たち」展。櫃田伸也さんと、彼の教え子19名が集う展覧会です。普通は作品の選択から展示まで学芸員が担当するのですが、今回は、櫃田伸也さんの教え子である、奈良美智さん、杉戸洋さん、森北伸さんがこの展覧会のために一生懸命協力してくださいました。

thmnl_Harappa1.jpg
↑打合せ中の杉戸さん、森北さん。打合せはいつも深夜にまで及ぶのでした・・・。

そのかいあって、展示室は、いつもの美術館と大きく違う「はらっぱ」風になっています。伸び伸びと自由な空間です。どんな感じかここでご紹介したい!のですが、それは見にきてからのお楽しみ、ということで、ごく一部だけ写真で・・・。

thmnl_Harappa2.jpg
↑具象絵画の芥川賞とも呼ばれる安井賞受賞作《風景断片》をはじめ、画家・櫃田伸也を代表する名作が出展されているのは当然のこと。こんなノートの切れ端やドローイングの断片も並んでいます。創作するうえで、これらは欠かせないものなのです。

thmnl_Harappa3.jpg
↑櫃田さんのアトリエの雰囲気を再現したコーナー。幅広い蔵書や雑貨にまじって、某ロックスターのグッズが妙に多い!


↑各作家さんの学生時代の作品を展示するコーナー。あの人や、あの人の裸婦デッサンや大学修了制作の作品が見れちゃいます。この展覧会でしか見られないレアなものです。

これらの写真からも、教え子だった作家さんがいたからこそ実現した展覧会であることが、お分かりいただけるのではないでしょうか。作品だけではなく、作品を生み出した温かな雰囲気まで伝わる「放課後のはらっぱ」展、ぜひともご覧くださいね。

thmnl_Harappa5.jpg
↑オープニングでは、サプライズケーキが登場。お料理上手な加藤美佳さん、安藤正子さんのお二人がデコレーションを担当されました。お二人のオリジナルレシピを自分もぜひ味わいたい、という方は、10月18日に行われるはらっぱ一日カフェ(名古屋市美術館)に来てくださいね。

(F.N)
 

  次回展覧会「放課後のはらっぱ 櫃田伸也とその教え子たち」の開催まで、すでに一ヶ月近くとなりました。ポスター、チラシを目にした方、開催の噂を聞いた方も、だんだんと増えているのではないでしょうか。

thmnl_harappaposter.jpg

 この展覧会は、愛知県立芸術大学で長らく先生をされていた櫃田伸也さんを中心にしたものです。櫃田さんは画家として素晴らしい作品を生み出すと同時に、数多くの優れたアーティストも育ててきました。そういうわけで、今回の展覧会は、奈良美智さん、杉戸洋さん、森北伸さんという教え子のお三方が「大好きな先生」のため企画に協力してくださっています。櫃田伸也さんの画家としての活動と教え子との交流の両方が、楽しめる内容に仕上がりつつありますよ。
 こうした特別なコンセプトの展覧会なので、ポスターやチラシのメインヴィジュアルも、多くの学生が集った櫃田さんのアトリエの写真を使っています。ポスター用に、カメラマンの怡土さん、森北さんと、櫃田さんのアトリエに集合して写真撮影をしました。櫃田さんも撮影用にちょっとアトリエを片付けたりして・・・。でも、パレットが床にそのままあるのも、格好いいですよね。

thmnl_hitsudastudio1.jpg

thmnl_hitsudastudio2.jpg

 この時嬉しかったのは、出展作家のお一人であり奥様の珠実さんが、お昼にカレーを用意してくださっていたこと!多くの学生が櫃田さんのお宅に集まったのは、珠実さんのご飯が美味しいから、とよく聞きましたが、本当に納得のお味です!!お庭で取れたタケノコが入った特製カレーでした。

thmnl_curry.jpg

こんなほのぼのムードで進んでいる「放課後のはらっぱ展」ですが、もちろん真剣なシーンもあります。次回は、シリアスな裏側(笑)をご紹介いたしましょう。


(N.F.)