2011年08月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

3万人達成!!

2011年08月22日

最近少し涼しい日もありますが、それまでは暑い日が続きました。
そのように暑い日が続くなかでも、たくさんの方に「棟方志功 祈りと旅」展へ足をお運びいただいております。
ありがとうございます。

そしてついに8月21日には入場者数が3万人を超えました!!

 

003棟方3万人達成ブログ.jpg

3万人目となられたのは、蒲郡市からお越しの榊原公平さんでした。
当館館長からの記念品をご家族とともに受け取られ喜んでおられました。

 

0013万人達成取材写真.jpg

その日はテレビ局も取材に来ており、3万人達成の様子はその日の夕方には
お茶の間に届けられました。

 

プーシキン展の中止から緊急開催となった本展覧会は、それほど広報に時間を割くことができなかったのですが、

すでに3万人以上の方にご覧いただくことができ、非常にありがたいことと感じております。

新人学芸員としては愛知県美術館がいかに皆様に愛されているかを感じると共に、

先輩方が築き上げたものを引き継いでいけるようがんばりたいと思います。

 

今後も島田章三展、ジャクソン・ポロック展と魅力的な展覧会が続きますので
引き続き足をお運びいただければと思います。

 


最後にお知らせです。

 

朝日新聞のインターネットサイト【アサヒコム】に「棟方志功 祈りと旅」展に関する記事を集めたコーナーを
作成していただきました。

各界の著名人(片岡鶴太郎さん、山本容子さん、矢野きよ実さんなど)に棟方についてインタビューした記事など

棟方志功の魅力をより深く知っていただけるかと思います。


どうぞ一度覗いてみてください。

 

【アサヒコム】
http://mytown.asahi.com/aichi/newslist.php?d_id=2400086

 

(Y.H)

少し遅くなりましたが、7月23日(土)に行われた棟方志功展記念講演会「棟方志功と青森」について、ご報告します。

講師としてお招きしたのは、青森にある棟方志功記念館の館長補佐、武田公平氏です。

 

001武田公平氏.jpg

 

今回の展覧会は、「東北復興支援特別企画」として開催されていることから、テーマも本展の主旨とぴったりです。

講演では、棟方の生い立ちや画業、そして津軽をテーマにした作品について様々なエピソードを盛り込んでお話していただきました。


そのお話の中で、個人的に特に心に残ったエピソードをご紹介。

それは「オモダカ」という草花と棟方の出会いです。

オモダカについては以下をご参照ください。

(→Google 画像検索


三枚の花びらの白い小さな花が咲くオモダカ。

小学の頃、棟方は転んだ傍らにこの小さな花を見つけました。花の美しさに感動した棟方は、この素朴な美しさを表現するために絵を描こうと思ったそうです。

武田さんは、「視力の弱かった棟方にとってオモダカの存在はなかなか気づきにくい。偶然転んで発見したオモダカの小さな存在が、棟方を画家へと導いた。こうした偶然が起こらなければ、棟方がこれほどに偉大な芸術家になっていただろうかと想像すると、人生とは不思議なもの」と述べられていました。


小学生の棟方が小さな花に感動している様子を想像すると、なんともほほえましいですね。

その姿は、版画家としてのひたむきな制作にもつながっているような気がします。


そして、この講演会の最後にも東北復興支援のための募金へのご協力をお願いし、24820円集まりました。ご協力ありがとうございました。

皆さまのあたたかい想いが東北に届きますように。

(MR.M.)

 東北復興支援特別企画「棟方志功展祈りと旅」展のギャラリートークがありました。

この日は夜間開館(午後8時まで)のある日なので、夕方の6時30分から40分ほど担当の学芸員が会場で主な作品(残念ながらすべてではありませんが)についてのお話をするものです。

企画展のときはいつも会期中に数回開いています。

002ギャラリートーク副田729.jpg


 写真のようにこの日は、大変多くの聴衆が来られました。あまりたくさんで話をしている担当学芸員が見えないくらいです。彼がロビーに出る前から、このギャラリートークを目当ての方が何人も待たれていました。たいへんありがたいことで、話す方も力が入ります。最後に拍手までいただきました。

この展覧会中のこのあとのギャラリートークは、8月6日と20日の土曜日それぞれ午前11時からありますので、ぜひお越しください。

001ギャラリートーク729.jpg

 

 ついでながら棟方志功のことで、つい最近知ったことをお伝えします。

棟方好きはご存知のことかもしれませんが、棟方を「世界のムナカタ」と呼ばれるようになったきっかけとなったサンパウロ・ビエンナーレ(1955)とヴェネチア・ヴィエンナーレ(1956)の両方に出品された《二菩薩釈迦十大弟子》の版木のことです。そう版画を刷るために彫られた板のことなんです。この作品はビエンナーレに出品された戦後に彫られたものではなく、戦前に作られたものでした。東京の代々木山谷に住んでいた棟方家は昭和20年3月の末に戦火を避けるために富山県福光町に疎開しました。しかし、彫られた版木も含めてすべての家財を残したままでした。志功の妻チヤは一旦福光町を後にして東京へ戻り、一ヶ月以上も荷物の梱包や発送の手配をしたそうです。5月になってもなかなか戻らない妻に志功は長文の手紙で、自分も子供たちも待っているので福光町にはやく来るように書き送りました。それに促されて妻が東京を後にしたのは5月24日でした。その翌日25日は東京に大規模な空襲があり、棟方の家も防空壕に入れてあった版木や作品も燃えてしまったそうです。 

003十大弟子.jpg

↑ 《二菩薩釈迦十大弟子》 


 送り出した荷物も大半がまだ駅にあって燃えてしまったということです。120個ほど送ったうちでかろうじて20個近くだけは無事に福光町に届きました。その中に志功が大切にしていたイギリス製の椅子があり、その椅子を梱包していたのがなんとあの釈迦十大弟子の版木だったのです。二菩薩の版木のほうは燃えたのですが、偶然の事ながら先に発送した椅子とその梱包材となっていた十大弟子の版木は無事でした。このことが戦後の棟方の活躍につながったということもいえそうですね。

戦渦を生き延びた作品が今こうして愛知県美術館の展示室で見られるというわけです。

(S.T.)

  東北復興支援特別企画として開催しております「棟方志功 祈りと旅」展は7月26日に入場者数が一万人を超えました。一万人目に来場されたのは新城市から来られたご夫妻で美術館長から一万人目を告げられるととても喜ばれていました。

 

002一万人.jpg

 

この展覧会は当初17世紀から20世紀のフランス美術の名品を紹介するプーシンキン美術館(ロシア)展が予定されていた時期(7月9日から9月4日)に、原発事故のために中止になってしまった同展覧会に代わるものとして開催しております。

ただ代わりの展覧会ということよりも、「東北復興支援特別企画」と銘打っているように、東北にゆかりのある作家を取り上げ(棟方は青森県出身です)、展覧会場では義援金を募るだけでなく、チャリティグッズを販売してその収益を東北の復興と文化財の救出のために送ることもしています。

 

001チャリティグッズ.jpg

 


 おかげさまで、展覧会はその充実した内容と量(大回顧展といってよいものです)により、大変ご好評をいただいております。これまでにもNHKやCBCなどの放送や中日新聞などマスコミにも取り上げられ、来館者は増えています。夏休み期間でもあるので、ぜひお子様連れでご来館いただき、棟方の世界を堪能していただければと思います。
なお、美術館は作品保護のために温度設定が低めになっていますので、冷房に弱い方はちょっと羽織るものをお持ちいただくと便利です。また、版画作品は紙なので、照明もやや暗めになっていますのでご了解ください。

 

003玉乃島1.jpg

 

004玉乃島2.jpg

 


 愛知芸術文化センターではこの一週間を東北復興支援ウィークとしてチャリティコンサートや報道写真展などいくつかのイベントを開催して多数の方から義援金を寄付していただきました。

支援ウィークの最後のイベントとして、芸術文化センター10階美術館の入口付近で、名古屋場所が終わったばかりの福島県出身の大相撲の関取、玉乃島関のサイン会が開かれました。写真のように大勢に方にお越しいただきました。そして玉乃島関も棟方展を鑑賞していただきました。

(S.T.)

棟方志功展本日開幕!

2011年07月09日

梅雨も明けて、夏本番!
夏のスタートとともに、愛知県美術館では今日から棟方志功展がスタートしました。

今回の見せ場である長さ26mもの大作《大世界の柵(さく)》が展示される様子を、特別にこのブログでご紹介します。

 

001dsc02467.jpg

 

002dsc02470.jpg

パネルが少しずつ並べられていく様子に関係者みんな興奮状態!でした。

 

003dsc02473.jpg

完成!

 

このスケール感はぜひ会場で体感してください!

(MR.M.)
 

あいちのムナカタ

2011年06月25日

 青森出身の棟方志功、愛知には縁もゆかりもなかったのでしょうか?いえいえ、そんなことはありません。愛知県は新城市、鳳来寺山の山頂のほど近くにたたずむ鳳来寺、このお寺の梵鐘は、棟方のデザインによるものなのです。

Horaiji.JPG
▲遠くに見えているのが鐘楼です。

 

 


大きな地図で見る

 

鳳来寺は、愛知県の県鳥で「声の仏法僧」の異名を持つコノハズクで有名な名刹で、ご本尊は薬師如来。梵鐘には、その薬師如来の脇侍である日光・月光菩薩と、薬師如来を守る十二神将の姿が彫られています。

 鐘楼は普段は一般公開していません(毎年暮れの「鳳来寺除夜の鐘つき」のときだけ、上がることができるそうです)が、今回は棟方展の調査として特別にお願いをして、鐘を間近で見せていただきました。

BellTower.jpg
▲鐘楼。普段は扉が閉まっています。

 

Bonji.JPG
▲ご本尊の薬師如来を表す梵字。

 

TwelveHeavenlyGenerals01.jpg

TwelveHeavenlyGenerals02.jpg
▲十二神将から二将をアップ。棟方らしい描写です。

 

SHIKOsignature.jpg
▲ちゃんと志功の名前も彫られています。

 

そしてもう一つ、棟方と愛知との大切なつながりがあります。

 棟方は1936年に、初めての試みとして板画で絵巻を制作しています。《大和し美し》というこの絵巻作品は、佐藤一英(いちえい)という詩人による同題の詩を彫ったものです。棟方は佐藤の詩に惚れ込んで板画化の了解を得て、国画会展に出品、それをきっかけに柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司といった民藝運動の主要なメンバーたちと知り合うことになります。

 そんな棟方の出世作とも言える《大和し美し》の詩を著した佐藤一英は、実は愛知県一宮市の出身なのです。さすがに梵鐘はお借りして展示することはできませんが、こちらの《大和し美し》は出品されますので、お楽しみに。

 「棟方志功 祈りと旅」展は7月9日から。
 

(K.S.)

 

棟方志功最大の作品

2011年06月24日

 緊急開催することとなりました7月9日オープンの「棟方志功 祈りと旅」展に向けて、急ピッチで準備を進めています。この展覧会はすでに全国を巡回中で、当初は福岡県立美術館が最後の巡回館となるはずだったのですが、その後当館に巡回することが決定しました。そういった経緯もあって、福岡県立美術館で、作品の大きさや展示の注意点などを調査してきました。

 この展覧会の最大の見所は、なんといっても全長約26mにも及ぶ棟方最大の作品《大世界の柵》です。数字だと実感が湧かないかもしれませんが、例えば、昨年のあいちトリエンナーレ2010で愛知県美術館会場に展示された蔡國強《美人魚》、あの作品が長さ16mでした。そして、この《大世界の柵》に使われた版木は72枚の裏表で、合計なんと144!

daisekaifukuoka.JPG
▲福岡県立美術館での《大世界の柵》展示の一部分。全貌は…会場でのお楽しみ。。

 

 「版画」と聞くと一般的には両手で持てるサイズを想像しがちですが、棟方の作品には《大世界の柵》以外にも非常に大きなものが多く、驚かされます。「版画」に何か小さいイメージが付きまとう理由の一つにはそれが何枚も刷られる複製品だという事実があるかもしれません。棟方は、このような「版画」にまとわりつく「複製」という印象を減じようとして、自らの版画作品を「板画」と呼んでいました。

 さて、《大世界の柵》ですが、この規模になると、展示室のなかでも展示できる場所が限られてきます。右隻左隻を分けてL字に展示することもできるのですが、折角ならやはり並べた状態で「大世界」を体感していただくのが一番だと思い、展示室の図面と日々格闘しています。どのように展示されるか、楽しみにしていてくださいね。

 

invandleaflet.JPG

 ところで、この展覧会は「東北復興支援特別企画」という位置づけで開催されます。その支援のひとつとして、愛知県に避難された被災者の方々に、この展覧会を無料でご覧いただくことにしました。具体的には、愛知県被災者支援センターを通じて招待券を各戸にお配りし、ご覧いただく形になります。お配りする招待券やチラシの準備ができましたので、さっそく支援センターに届けてきました。


(K.S.)